スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイオーデータ LCD-AD192SEDSB購入 

突如、思い立ち、アイオーデータ LCD-AD192SEDSBを購入しました。今時、19型スクエア非光沢液晶ディスプレイ。 それまで使っていたのがアイオーデータ LCD-AD197GB、同じく19型スクエア(SXGA)のノングレア(非光沢)タイプです。何が違うかというと、TNパネル→ADSパネル(IPSパネル)に変わり、視野角が上下/左右で160度/160度→178度/178度と広くなった。画素ピッチは、当然、0.294 mm→0.2928 mmとほぼ同じ。実際に使ってみると白が際立ちますね。なんか見やすい。やはりADSパネル、いいです。

モニタは毎日見るものなので、極力、目に負担の少ない方がいい。どうもTNパネルはどぎつくて見にくい印象でした。主流のワイド型は画素ピッチが小さいため、文字が見にくい。Windowsの設定でフォントを大きくするとぼやけてしまうし。現時点で、19型スクエアが一番馴染みやすいのです。

LCD-AD192SEDSB(アイ・オー・データ)

19型スクエア液晶ディスプレイ
LCD-AD192SEDS アイオーデータ
価格15,760円(税込)
スポンサーサイト

KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12) 那須川天心 

2月12日(祝日)、「KNOCK OUT FIRST IMPACT」を(大田区総合体育館)観戦しました。今が旬の神童、那須川天心の試合を「生」で観たかった。メインは第7試合、天心 VS スアキム・シットソートーテーウ(タイ)です。

スアキムは、元々、天心と同じスーパーバンタム級(55.7kg)の選手だが、向かうところ敵なしの状態で、二階級上のスーパーフェザー級(59kg)を主戦場とするムエタイのトップ選手。果たして天心がこの難敵に勝てるのか…という厳しい試合だったが、まぁ、蓋を開けてみれば完勝でした。判定だけどね。

天心は他の選手と比べても別格ですね。身にまとうオーラが違う。馬場、猪木に通じる天性のスター!?

KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12 大田区総合体育)

▼那須川天心
那須川天心 KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12 大田区総合体育)

▼石井一成
石井一成 KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12 大田区総合体育)

▼髙橋一眞
髙橋一眞 KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12 大田区総合体育)

▼森井洋介(KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王者)
森井洋介 KNOCK OUT FIRST IMPACT(2018.2.12 大田区総合体育)

「特撮ヒーローズ ウルトラセブン」よりエレキング登場 

2頭身デフォルメフィギュアでお馴染み、「特撮ヒーローズ ウルトラセブン」のエレキングをオクでゲットしました。10年以上前のものなので、安く手に入るかと思いきや、なかなか出回らない。出品されても需要過多らしく、入札で高騰。苦労しました。

しかし、さすがに出来はいいですね。抜群のデフォルメ・センスです。コンプリートしたくなりますが、やはりリーズナブルでなければ手が出ない。

特撮ヒーローズ ウルトラセブンのエレキング

特撮ヒーローズ ウルトラセブンのエレキング

特撮ヒーローズ ウルトラセブンのエレキング

特撮ヒーローズ ウルトラセブンのエレキング

▼ピット星人は「ウルトラ怪獣名鑑」(バンダイ)のもの。特撮ヒーローズで出してほしかった…
特撮ヒーローズ ウルトラセブンのエレキング

2006年10月20日 ポピー発売
全24種類+シークレット1種
価格200円(税別)
原型製作:(株)ケーツー・エイ・ピー

STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME- 

久しぶりのブログ更新です。
京商サークルKサンクス限定1/64CVSミニカーコレクションが2017年4月に終了。2004年11月発売開始で、実に13年間続いたようです。当ブログのメインテーマだっただけに残念。最近、缶コーヒーのオマケもないし…リーズナブルなコレクションが難しくなってきた。

さて、今回はコトブキヤの新作スタチューを買ったので、そのレビュー。この手の美少女フィギュアを買うのは何年ぶりだろう。原画:山下しゅんや×原型師:毒島孝牧(ブスジマックス)。この方の女体の造形センスは実に魅力的。春麗の太ももの表現が凄いことになってる。これもデフォルメの醍醐味!? 顔がアニメ風なのがちょっと残念…肉感ボディとのアンバランスが一寸際立ちますね。

STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

▼足裏のネジ止めで自立。
STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

▼春麗の代名詞=太ももの表現が秀逸
STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

▼背筋もスゴイことに。範馬勇次郎か?
STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

▼パイオツはほぼ玉ですやん。
STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-

STREET FIGHTER美少女 春麗 -BATTLE COSTUME-
2018年1月 コトブキヤ発売
1/7(約230mm) 価格8,500円(税抜)
PVC塗装済み完成品フィギュア
原型製作:毒島孝牧(ブスジマックス)

嬉し恥ずかしドール趣味 

この年でドールにハマるとは思わなんだ。こっぱずかしい。元々、アニメ映画「攻殻機動隊」が流行った頃、関節球体人形というものに興味はあった。美術館の展覧会に行ったこともあったっけ。ちなみにリカちゃんやらバービーなどの着せ替え人形には全く関心がない。少女趣味とは少し違う。

きっかけは、オビツ製作所の汎用1/6ドールヘッド(パーツ)に自らペイントしてカスタマイズ、オクに出品されているRUELIEさんの珠玉の作品を目にしたこと。これがその時に出品された 『紫瀞 shijuu』の見本写真だ。このアンニュイな泣きべそ顔にインパクトを受けた。かなりの競り合いの末、なんとか落札に成功。初めてドールヘッドを手にした瞬間だ。

RUELIEさんのカスタム・ヘッド(オビツ)


ボディ(素体)もない。衣服もない。何もない状態からネットを頼りに情報収集して、タカラの「クールガール」という商品に行き着いた。首穴を少し加工すれば、オビツ・ヘッドがぴったり当てはまる。

そんな折、福戌さんのドールのブログに出会い、もの凄いディープな世界が眼前に開けた。中でもハルちゃんというカスタム・ドールを主人公にした「不定期福戌劇場」は面白い。こういうのをやってみたい!しかし、残念ながら、もうブログ更新は止まっており、ブームは終息したのだろう。こんな衣服や小物は一体、どこに売ってんだ!?

【福戌の犬小屋2F―ハルのトイバーン物語】
http://blog.livedoor.jp/luckydog555/archives/cat_52812.html

福戌の小屋より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。