スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老齢の黒出目金、逝く。 

 10年来、飼っていた黒出目金がついに逝った。横浜在住の頃、老舗の金魚店で買い求めた、350円の小さな出目金。長い尾ひれがチャームポイントで、餌をバカ食いせず、いつも腹八分目。白点病などの病気にも滅多に罹らず、丈夫な出目金でした。体長20cm以上に育ちました。

 ▼2015年7月(寝たきり)
出目金

 ▼2015年3月(まだ元気な頃/白点は石巻貝の卵)
出目金

 7月頃から水底に沈んだままになり、腹が赤く充血して「床擦れ」状態になった。そのうち、身体をまっすぐ制御できなくなり、横向きになってしまった。目玉が横に飛び出ているため、邪魔になって、思うように沈下性の餌が食べられない様子。やむを得ず、別のプラ水槽を買ってきて移してやった。冷凍赤虫を買ってきて、解凍してからピンセットで口元に運んでやると、勢いよく食いつく。もう「我の寿命じゃ」と思ったが、当魚は生きる気満々。餌を食べるので、なかなか弱らない。

 8月8日、帰省の日、餓死させるのは忍びないので、一緒に実家に連れて帰ることにした。事前にペットショップで移送用のポリ袋を買い、出目金を入れて新幹線に乗った。が、酸欠の問題に思い至らなかった。結局、3~4時間後、実家に着いた頃にはご臨終。こんなに長生きの出目金は初めてだった。流金ほど人慣れすることはないが、歳を重ねると主(ぬし)のような貫禄が出てくる。最期は可愛そうなことをした。

 なお、60cm水槽に同居していたスジシマドジョウ2匹も6月3日、7月3日と立て続けに逝ってしまった。こちらも横浜で買い求めた個体なので、かれこれ6~7年以上、生きていたことになる。ドジョウの寿命は知らないけど、結構、長生きな方…!? 最期は、金魚と同じで水底に横たわった状態になり、餌が食べられなくて衰弱死。人慣れするという感じではないが、スジシマドジョウは意外と物怖じしない性格で、見ていて飽きない。(出目金にはよく懐いていた。金魚の腹の下に入ると落ち着くらしい。)

 というわけで、6月より、60cm水槽に3匹目の若いスジシマドジョウを1匹だけ飼っているのです。
スポンサーサイト

シロメダカのベビー誕生! 

 40cm水槽で飼っているシロメダカが産卵。水草に付いた、二つの小さな目玉の見える卵をプラ水槽(小)に移し替えたところ、みごと孵化に成功。5~6匹が元気に泳いでいる。こんな小さな、作られた環境の中でも生命はちゃんと誕生するのだなぁ。感動です!

 メダカって一度に5~6粒の透明の卵を産んで、お尻に付けたまま泳いでいる。で、いつの間にかお尻から消えるので、どこかにくっ付けてるみたい。そのまま卵を隔離せずに放っておくと親が食べてしまうこともあるらしい。

 メダカの稚魚は生後3日までは何も食べずに生きられるとのこと。そろそろ3日経つので、稚魚用の極小餌を与えてやったんだけど、食べてんだか食べてないんだか…小っちゃすぎてようわからん。

 動画は本邦初公開!シロメダカの稚魚。ボーフラではありません!

[広告] VPS

水槽の春、長寿の出目金 

 水が温んできて、水槽の中の連中も活発になってきた。先日、白メダカが産卵し、水草の根に透明の卵が数粒、付着しているのを発見。よ~く見ると卵の中に小さな目玉が二つ。グリッと動いた気がした。稚魚に孵るかな~と思っていたら、いつの間にか消えていた。食われたかな。

[広告] VPS


 石巻貝も卵を産んで水槽の側面に白い粒がいっぱい付着している。過去に何度か産んだものの、孵った試しがない。受精はどうやっているのか、謎です。

 昨日、10匹のヤマトヌマエビが狂ったように縦横無尽に泳ぎ回っていた。白メダカも一寸、戸惑っていた様子。で、一匹の大きなエビの腹が真っ黒に...。これはもしかして卵!?

 さて、我が家の60cm水槽に在籍する黒出目金は、かなりの長寿。横浜から埼玉に引っ越した時に一緒に連れてきた金魚で、少なくても8年以上、飼っている。結構な大きさに育った。最近は老化からか、片方の目玉が萎んできた。自慢の尾びれも若干、下がってきたみたい。

 上大岡の、古い金魚屋で小さい出目金を350円で買ったもの。尾びれが異様に長くて綺麗な個体だった。出目金は丈夫でない印象があるんだが、コイツは病気知らず。他の金魚が白点病にやられた時も一匹だけ平気だった。

 バカバカ大食いする金魚は大抵、短命なんだけど、コイツは時間をかけて少量をゆっくり食べる。で、長~いうんこをする。この辺が長寿の秘訣なのかも。

[広告] VPS

白メダカとヤマトヌマエビ 

 ミニカーネタを期待された方、すみません。久しぶりの水槽ネタです。

 現在、40cm水槽に白メダカ3匹とヤマトヌマエビ10匹を飼っています。このメダカとヌマエビがいい具合に共棲中。

40cm水槽

 メダカって好奇心旺盛で、観察してると必ず目の前に寄ってくる。人懐こいというか、人を恐れないみたい。エビを観察していても、必ず視線の先にメダカが割り込んでくるのが傑作です。

 メダカ同士、いざこざが起こる場合がある。当初10匹で飼い始めたが、1匹減り2匹減り…とうとう全滅。でも、新たに買ってきた3匹は互いに干渉せず、トラブルなし。水槽の大きさとメダカの数の問題なのかも。目下、外敵のない3匹だけの状態なので、たっぷりエサ食って全員メダボ気味です。

 3/26 水曜の夜、メダカ2匹が同じ方向を向いたまま、尾びれを合わせて小刻みに震えているのを目撃。初めて目にしたが、もしかしてだけど、アレってメダカの「交尾」なんじゃないの…!?

白メダカ

白メダカ

 ヤマトヌマエビを飼うのは初めてだけど、結構、観察してると面白い。好奇心旺盛なメダカが近づいても大きいエビはお構いなし。沈下性のエサをやると、1匹が一個ずつ掴んで持って行く。他のエビが寄ってきても、エサを持って逃げるだけ。水草の上に置きっぱにしているエビも。保存食か? で、結局、1匹で食べきれないと残して、その余りを小さいエビがまた食べる。エビが細かくちぎったエサはメダカも欲しそうに近づいてくる。

ヤマトヌマエビ

 スジシマさんは60cm水槽の方で2匹とも顕在です。一時、半年あまり全く姿を見せないことがあったが、何ともないみたい。かれこれ5年以上、生きている。ちっとも大きくならないのが不思議だなぁ。

スジシマドジョウ

スジシマさんの近況。 

 冬の間、何ヶ月も行方不明だったスジシマさん。陽気に誘われ、二匹とも元気な姿を見せてくれた。

 普段は砂利の中に身を潜めているが、餌をやるとニュッと頭を出します。ドジョウ用の沈下性の餌は、巨大な黒出目たちも大好物。早くしないと全部食べられてしまうというのに、時々ピタッと動作が止まります。何やってんだか。

 元々清流に住むスジシマさんは、水質が悪くなると砂利に潜って姿をくらまします。フィルター交換して差し水してやると、また出てくる。水にはチョットうるさいスジシマさんであります。

スジシマさん

スジシマさん

 黒出目の大あくび。
黒出目

 日の光を浴びて綺麗な縞模様が浮かび上がる。
スジシマさん

 カモンバのベッドでくつろぐスジシマさん。
スジシマさん

[広告] VPS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。