スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシェット1/43 フェラーリ599XX 

 アシェット・フェラーリコレクションVol.96のフェラーリ599XXはきっちりと押さえてあります。4月発売ということは大震災後か…何かずっと昔のような気がするなぁ。

 貧乏性のため、例によってブリスター未開封のまま撮影。一旦、開封するとホコリが心配なのです。アシェット専用ケースも発売されているようだけど・・・。アクリルカバー10個=6000円は高い。

【1/43 アシェット フェラーリコレクション用クリアケース】
http://fujiyouki.shop5.makeshop.jp/shopdetail/007023000002/

【アシェット フェラーリコレクション専用アクリルカバー】
http://www.geocities.jp/yu_ko_syoukai/disp.htm


フェラーリ599XX

フェラーリ599XX

フェラーリ599XX

フェラーリ599XX

 京商1/64との親子ツーショット。シークレットだったら完璧なのに…。
フェラーリ599XX


アシェット・コレクションズ・ジャパン
2011年4月20日発売 価格1,990円(税込)
スポンサーサイト

アシェット1/43 フェラーリ430スクーデリア 

 明日の予定だった京商USAスポーツカーコレクション2の発売延期は、やっぱり中国問題と関係があるんですかね。コンビニで気軽に買えるワンコインの質の高いミニカーも中国の安い労働力あってのこと。日本に搾取される中国…の図。彼の国の若者の反日感情もわからぬでもない気がします。ニュースによると利益を貪る党上層部への不満も重なるみたいだけど。

 
 今回は、アシェットのフェラーリコレクションVol.78より「フェラーリ430スクーデリア」、大好きな車種です。行きつけの小さな本屋の片隅にひっそりと置かれてあり、買おうか買おまいか最後まで悩んだ代物。ショーウィンドウのガラス越しにトランペットを見つめる黒人少年の瞳…でしたね。


 実は発売直前に急遽、色の変更があり、ヒンシュクを買ったイワク付きのモデルであります。確かに塗装は厚いし、半開きのウィンドウは中途半端だし、黒ホイールも手抜きっぽいんだけど、遠目から見ると十分格好いいじゃあーりませんか! 特にリアの「SCUDERIA」のプレートやディフューザーのシルバー部分がエエですね。430好きの自分は満足です。

 スクーデリアはイタリア語で「馬小屋」の意味。跳ね馬の厩舎から転じて「レーシングチーム」を指すそうです。

フェラーリ430スクーデリア

フェラーリ430スクーデリア

フェラーリ430スクーデリア


 こう見ると、京商サンクス1/64モデルも小さいのによく出来てますね。

フェラーリ430スクーデリア

SSANY2658.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパン 2010年8月11日発売 価格1,990円(税込)

アシェット1/43 フェラーリ FXX エボルツィオーネ 

 アシェット・フェラーリコレクションVol.82の FXX エボルツィオーネを購入。久しぶりのアシェットです。貧乏性なので、まだブリバリする勇気がありません。

 贔屓にしている、小さな町の本屋さんに毎回入荷するので、そこで買おうと思っていたところ、発売日に入らなかったので、急遽ブックファーストで購入。鮮やかなフェラーリレッドがいいですね。この赤はロッソコルサ? それともロッソスクーデリア?(ROSSOはイタリア語で「赤」。)エボルツィオーネの控えめな白の使い方も好みです。このサイズだとフォルムも無理がなく余裕がある感じ。惜しむらくはホイールの赤リムが再現されてないところですね。

 イクソ製だそうですが、1,990円という価格は…はとボーズ的には高い。普通、1/43モデルだと4,000円位するので、安いっちゃ安いんだけど。

フェラーリ FXX エヴォルツィオーネ

フェラーリ FXX エヴォルツィオーネ

 京商サンクスの1/64モデルと比べてみると、京商製も結構、頑張ってるな~という感じ。

フェラーリ FXX エヴォルツィオーネ


アシェット・コレクションズ・ジャパン 2010年10月6日発売 価格1,990円(税込)

■アシェット1/43 フェラーリ360チャレンジ 

 アシェット・コレクションズ・ジャパンの第34号「フェラーリ360チャレンジ」です。同じ車種で競うレース仕様ですね。1/43スケールで1,990円(税込)と比較的リーズナブルな価格設定。1/64にはない重量感があります。スポンサーロゴなどは控え目ですが、フェラーリ特有の曲線がなかなかよく出ている気がします。

 創刊号の「フェラーリ360モデナ」と比べると、シートが赤のパケットシートに替わり、サイド/リアのウィンドウに小窓が開けられています。ホイールの形状も違いますね。細かい。

 実は撮影前に台座ごと落っことして左ドアミラーをポッキリ折ってしまいました。接着剤でくっつけた状態。とほほ。

フェラーリ360チャレンジ

フェラーリ360チャレンジ

フェラーリ360チャレンジ<br />

フェラーリ360チャレンジ

フェラーリ360チャレンジ

フェラーリ360チャレンジ

フェラーリ360チャレンジ

 一番下の赤色は明るすぎます。実際はもっとくすんだ赤色。蛍光灯の光の加減ですかね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。