スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界体操2011東京大会・種目別決勝 

 昨日は、世界体操2011東京大会・種目別決勝を観に行ってきました。男子は床、鞍馬、つり輪の3種目、女子は跳馬と段違い平行棒の2種目。

 世界体操2011東京大会

 大会マスコット(?)の困惑気味の笑顔。なんでこんなに頼りないの? 胸の「G]は、Gymnast の頭文字らしい。
世界体操2011東京大会

 東京体育館は年季が入ってます。
世界体操2011東京大会

 でも、会場は古さを感じさせず、真新しい雰囲気。
世界体操2011東京大会

 今回はアリーナ席だったので、女子選手の入場を近くで見ることができた。写真はピンぼけだけど。
世界体操2011東京大会

 段違い平行棒で優勝したロシアのコモワ選手(紫のレオタード)は超可愛い。コマネチの再来ですね。
世界体操2011東京大会


 床で内村選手が金メダル、つり輪で山室選手が銅メダルを獲得。内村は入りで「2回宙返り3回ひねり」という新技を披露。「新月面宙返り」よりも1回ひねりが多い大技です。でも、速すぎて審判が見落として誤審。その後、0.2加点されて順位がひっくり返りました。私のいたアリーナ席は遠すぎて、何が起こったか全くわからず。

 興味深かったのは、撮影機材。サッカーでよく目にする、ワイヤーで吊るした空中カメラが動き回ってました。他にも写真に写っているクレーンカメラや、跳馬と平行に走るレールカメラなど。さすがは世界大会。
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pancra.blog43.fc2.com/tb.php/330-28ab07cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。