スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷だらけの天使」第19話「街の灯に桜貝の夢を」 

 BSフジの「座頭市」同様、ガッツリはまっているのが、BS日テレで毎週金曜に再放送中の「傷だらけの天使」(1974~1975年)です。DVDは2枚ほど持ってるけど、全話通して見たことがないのです。この時代のドラマはホント面白い。

傷だらけの天使


 オサム(萩原健一)とアキラ(水谷豊)のはぐれ者コンビ。一見、その日暮らしの滅茶苦茶な生活だけど、オサムはちゃんと己の規矩(きく)を持ってんですね。座頭市にも通じる。アキラが「兄貴」と慕うわけです。
 
 珍しく弟分アキラに貢ぐ女(関根恵子)が現れた、第19話「街の灯に桜貝の夢を」は面白かった。この回の脚本は市川森一とのこと。ラストのどんでん返しが切なすぎる。





関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pancra.blog43.fc2.com/tb.php/384-f2cec676

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。