スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■オニイトマキエイ 

 リコーのデジカメR8の充電器がどっかへ行ってしまい、撮影不能に。部屋のどこかにあるはずなんだけど、無茶苦茶乱れていて、欲しいものが出てきません。参ったなあ。というわけで、以前、撮っておいたストックより…奇譚クラブ「海洋 I」シリーズ、オニイトマキエイ。300円のガチャポンです。

 中学の時だったか、エイのホルマリン漬けの標本を触ったことがあり、その生臭さ、感触がトラウマとなって、いまだにエイは苦手。気持ちワルイです。海の中でこんなのと遭遇するのを想像するだけで鳥肌が…。

オニイトマキエイ
Manta birostris
英名:Manta ray
軟骨魚類トビエイ目トビエイ科
体長:3~6m
体重:1~1.4t
分布域:熱帯、亜熱帯の全海域
食物:小型の甲殻類やその幼生、頭足類の幼生

「世界最大のエイ。「イトマキ」は口の横にある鰭が糸巻きに見えることから名付けられたと言われている。表層付近を単独で回遊する。沿岸域で集団で見られることがあるが、繁殖のためだと考えられている。プランクトンを海水ごと口から吸い込み、プランクトンを鰓で濾しとって食べる。」

オニイトマキエイ

オニイトマキエイ

オニイトマキエイ

オニイトマキエイ

監修:豊平両生爬虫類研究所
原型制作:KOW
企画総指揮:佐藤純也
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pancra.blog43.fc2.com/tb.php/57-b7ff1d0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。