スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の治療のこと 

 ブログに1ヶ月以上投稿しないと自動的に広告が出る仕様なのね。煩わしいな。

 行きつけの歯科医院で定期検診を受けたところ、左上の奥に虫歯が見つかった。ズキンズキンと痛むわけではないが、ブラッシングすると神経に障るような不快感があった。

  「抜きましょう!」

 この医院で右下を奥歯から5本連続で抜いている。結果、これまで主力だった右側の奥歯の噛み合わせが消失。痛くも痒くもなかったが、親知らずが虫歯とのこと。削って詰めてもすぐ取れる。止むを得ずに抜歯したところ、歯槽膿漏の影響で連なる歯がぐらぐらになった。

 過去の嫌な記憶が思い起こされ、Non と答えると

  「じゃ、削りましょう」

 なんかいい加減な診断に思えてきて不安になったため、全然別の医院でセカンドオピニオンを聞くことにした。

 A医院:「まだ抜くことはない」

 B医院:「抜く必要はまったくない」

 結局、マイクロスコープのあるB医院で虫歯治療をやってもらった。ここの医者も最初は「虫歯はない」と言い、「歯槽膿漏による痛みだろう」と診断したが、よくよく見て虫歯を発見した。

 治療は丁寧で完璧だったと思う。が、治療後、ものを噛んでいる時、ブラッシングしている時、奥歯の神経にサワッと障ることがある。虫歯的な嫌な感覚だ。医者は「虫歯はもう存在しない」と言う。これは「知覚過敏」というそうだ。歯槽膿漏が進行し、歯茎が後退して神経に障るらしい。試供品のシュミテクトをもらって歯磨き後に塗るようにとのこと。100%効くらしい。
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pancra.blog43.fc2.com/tb.php/620-e6e03174

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。