スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 スタートレック・フリートコレクション1 

 宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは、人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。ル~ル~ルルルル~ル~ By 若山弦蔵

 ヨドバシカメラで買い求めたF-toysの「スタートレック・フリートコレクション1」より、U.S.S.エンタープライズ(1/2500)。全5種+シークレットのブラインドBOXで1個370円と手頃な値段でした。ちょうど今、新作映画『スタートレック』が来ていますが、毎週土曜の夕方、NHK BS2で懐かしの海外ドラマ『スタートレック 宇宙大作戦』が放送されています。スタートレック=SFというイメージが強いのですが、一話完結のストーリーはホント荒唐無稽ですね。でも、キャラが際立っていて、なかなか楽しめます。スポックはやたら異星人っぽく、カーク船長はナイスガイですな。

U.S.S.エンタープライズ

U.S.S.エンタープライズ

U.S.S.エンタープライズ

 ちなみにこちら↓は、旧劇場版のU.S.S.エンタープライズ(改)。TV版より船体のモールドが緻密になってます。しかし…よくぞまあ、こんなカタチの宇宙船を考えついたものだ…。

U.S.S.エンタープライズ(改)

U.S.S.エンタープライズ(改)
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pancra.blog43.fc2.com/tb.php/93-7b3cab41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。